弘法筆を選ばずの英語版のことわざ

英文解釈

先日、ふとライトハウス英和辞典の第6版を引いていたら、workmanの項目に次のような例文がありました。

A bad workman blames his tools.《ことわざ》
下手な職人はいつも道具に難癖を付ける。(「弘法筆を選ばず」の逆)

ライトハウス英和辞典第6版より

弘法筆を選ばずは、大辞林によると、「本当の名人は道具のよしあしにかかわらず立派な仕事をすることのたとえ」とのことなので、この英文は「弘法筆を選ばず」の逆のことをあらわしています。

手元にあった同じく研究社の新英和中辞典第7版で同じくworkmanの項目を引いてみると、このようになっていました。

A bad workman quarrels with his tools.

新英和中辞典第7版より

quarrelは口論するという意味もありますが、ここでは不平を言うという意味です。

ことわざの表現がライトハウスと少し表現が違います。
quarrelを参照しろとのことなので、quarrelに飛ぶと、「下手な職人は道具に難癖を付ける」《諺》との記載がありました。こちらは「弘法筆を選ばずの逆」ではなく、「弘法筆を選ばず」と記載されていました。

確かに「弘法筆を選ばず」と”A bad workman blames his tools.”では表現は逆になっていますが、言いたいことは同じです。

では、「弘法筆を選ばず」を英語でストレートに表現したものはないかと思って調べてみたらありました。

無料で使える研究社のルミナス和英・英和辞典で、「弘法」と入れると、出てきました。

研究社 - ルミナス英和・和英辞典
株式会社研究社の公式サイト。英語を中心とする語学・文学に関する書籍、英和辞典、和英辞典などの二か国語辞典を発行。新刊案内、書籍検索、電子出版物に関する情報。Web英語青年。

A true artist can paint with any brush.
(真の芸術家はどんな筆でも描ける)

ルミナス和英辞典より

これはことわざではないのでしょうが、弘法筆を選ばずをほぼストレートに英語で表現しています。

タイトルとURLをコピーしました