当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

Affinity Photoで正三角形を描くには三角形ツールではなくポリゴンツール

アプリ

今まであまりAffinity Photoで正三角形を描く機会がなかったので、あまり気にしたことがなかったのですが、先日こちらのAffinity Revolutionさんの動画を観ていたとき、三角形ツールでは正三角形を描けないことを知りました。

三角形ツールで描けるのは二等辺三角形

三角形ツールを選択して、Shiftを押しながらドラッグしてもできる図形は正三角形ではなく二等辺三角形になります。

長方形ツールを選択してShiftを押しながらドラッグすると正方形ができ、楕円ツールを選択してShiftを押しながらドラッグすると正円ができるのに、なんだか不思議な話です。

正三角形を描くのはポリゴンツール

ではどうやってAffinity Photoで正三角形を描くかというと、ポリゴンツールというのを選択します。三角形ツールの3つ下に配置されています。

ポリゴンツールを選択後、辺の数を3にして、Shiftを押しながらドラッグすると正三角形が描けます。

三角形ツールでShiftを押しながら作成した二等辺三角形はパッと見、正三角形に見えます。僕も指摘されなければ、正三角形だと間違えていたと思います。

左(赤)が三角形ツールで描いたもの(二等辺三角形)。右(緑)がポリゴンツールで描いたもの(正三角形)。

ポリゴンツールで描いた正三角形と比較して初めて違いがわかります。

重ねてみると違いがわかるようになります。
タイトルとURLをコピーしました