当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ちむどんどん 第109話感想 まるで矢作が40万円を盗むかのような演出が不快だった

矢作が桃木と再会。
桃木は矢作が沖縄料理のお店に勤めていることは知っているのに、それが暢子の店だとは知らなかった。

矢作と桃木ともう一人が同時にフォンターナを辞めた時、矢作が独立のために二人を引き抜いたのだと思っていたけど、違ったようだ。桃木は別の店ではたらいているようだった。桃木の姿はチンピラみたいだったので、本当に料理人を続けているのだろうか。一緒に辞めたもう一人の詳細も知りたかった。

暢子が信金に渡す40万円を店のカウンターに置き忘れた。それを見つけた矢作がいかにも盗むかのような演出は見ていて不快だった。

智は真っ先に矢作を疑っていた。そもそもフォンターナの権利書の件については、真相が明らかになっていない。矢作がやったという証拠はない。智が矢作を疑いたくなる気持ちはわかるけど、疑うなら矢作よりも先に賢秀なのではと思った。

当然のことながら矢作は封筒の40万円に手を付けることはなく、不用心だからとレジの中にしまっていてくれた。

追加融資の相談があるとはいえ、どうして、暢子はわざわざ和彦とともにあまゆで信金の人と会ったのだろうか。杉並の自分のお店で会わなかった理由があるのだろうか。今回の40万円紛失騒ぎのエピソードを作りたいがためだけに身重の体でわざわざ鶴見まで行くという不自然な演出になってしまったのだろうか。

店の挽回のため、料理の試作を繰り返す過程で、矢作と暢子の絆が深まっていく感じにした方がよかったのではと思った。

優子と良子がちむどんどんにやって来た。優子はともかくとして、良子は子育てと仕事は大丈夫なのだろうか。良子は料理に目覚めたらしいけど、あまり戦力にはならなさそうだなと思った。

結婚してから和彦の存在感が日に日に薄くなっていっている気がした。

タイトルとURLをコピーしました