当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

呪術廻戦 第196話 桜島結界⑥ の感想 真希が河童と相撲を取ってリフレッシュ

真希が河童(三代 六十四)と相撲を取ってリフレッシュ。

直哉が呪霊となって現れたこと、直哉を殺したのが自分ではなくて母親だったこと、大道のセリフの意味、一度にいろんなことが起こりすぎて煮詰まっている感じは納得できた。

こういうときは何も考えずに相撲を取ることが一番だよな。

相撲の中で、河童が大道のセリフの真意を真希に伝えていたけど、僕には全然理解できなかった。

何番相撲を取ったのかわからないけど、真希が絶好調と中畑みたいなことを言っていたので、何かをつかんだのだろう。

そもそも河童は相撲がしたいがために羂索と契約したのだろうか。真希を覚醒させるためのキャラなので、そこまで深い設定はないとは思うのだけど、河童や大道がはどういう経緯で羂索と契約したのかは興味がある。

真希が相撲を取っている間、領域の中の時間の流れはどうなっていたのだろう。

その間、大道、直哉、憲紀は何をしていたのか気になった。

これからの戦いはどうなるだろう。大道と直哉がそのまま戦うのだろうか。真希が直哉と戦うにしても、刀に執着のある大道が真希に素直に刀を渡すとは思えない。別の刀が近くにあれば別だけど。

タイトルとURLをコピーしました