当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

呪術廻戦 第178話 仙台結界⑤ (せんだいコロニー) の感想 3人が領域展開

「リカ」と「祈本里香」は違うのか。ここを全然理解してなかった。
あと、祈本の「祈」って折るじゃなくて祈るなのか。

三つ巴が続く展開は意外だった。
乙骨(おっこつ)が石流(いしごおり)か烏鷺(うろ)のどちらかを倒して、1対1の戦いになるものと思っていた。

前回の177話の最後も少年マンガらしい最後だったけど、今回の最後も3人が領域展開を叫ぶシーンでかっこよかった。

乙骨って領域展開もできるんだと思った。

乙骨の術式は模倣(コピー)だったのか。確かに0巻でも狗巻棘の呪言を使っていたけど、これは乙骨の術式のおかげだったのか。じゃあ、太刀さばきは真希からコピーしたものなのかな。五条先生と乙骨は遠い親戚なので、乙骨の術式も五条先生の六眼のように眼に秘密があるのだろうか。ナルトのカカシ先生の写輪眼みたいに。

じゃあなんで、乙骨は烏鷺の術式をコピーしないかなとも思った。烏鷺の術式に結構苦戦しているように見えたので。相手の技を見ただけではコピーできないのだろうか。

今まで3人同時に領域展開ということはなかったので、必中効果など、領域内の条件がどのように変わるのかも気になる。どんな画になるのだろうか。次回が非常に楽しみ。

タイトルとURLをコピーしました