当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

パナソニックのマイクロフォーサーズのレンズH-FS1442Aのレビュー

H-FS1442A OM-D E-M10 Mark III

オリンパスのOM-D E-M10 MarkIIIを購入したのですが、レンズキットではなくボディのみを購入したので、レンズを別に購入する必要がありました。

H-FS1442Aを購入した理由

最初はオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZの電動式パンケーキズームレンズを購入しようと考えていました。この14-42mm F3.5-5.6 EZは、E-M10 MarkIIIのレンズキットのレンズにも採用されており、別売りの自動開閉式レンズキャップを使うことで、E-M10 MarkIIIをコンデジのように扱えるので便利だなと思ったからです。

ただ、14-42mm F3.5-5.6 EZのレビューを読んでいると、電源を入れていないときは薄くなって携帯性は非常にいいものの配線の不良でレンズの伸縮機構が故障しやすいとのレビューが多くありました。

パンケーキ型の電動ズームは携帯性の面から非常に魅力的に思えましたが、故障したら元も子もないなと思い、手動タイプのものを探すことにしました。

そこで見つけたのがパナソニックのH-FS1442Aです。
焦点距離もオリンパスの14-42mm F3.5-5.6 EZと同じ14-42mmです。
パナソニックとオリンパスのミラーレス一眼はマイクロフォーサーズという同じ規格を採用しています。なので、双方のボディに双方のレンズを装着することができるようになっています。

このパナソニックのH-FS1442AもオリンパスのE-M10 MarkIIIに付けることができます。

本当はブラックのレンズが欲しかったのですが、残念ながらパナソニックのページを見ると生産終了になっていました。

https://panasonic.jp/dc/p-db/H-FS1442A.html
デジタル一眼カメラ用交換レンズ:H-FS1442A●小型・軽量。スタイリッシュで洗練されたデザイン「28-84mmの標準ズームレンズ」●室内や望遠の撮影でも安定したフレーミングが可能「光学式手ブレ補正 MEGA O.I.S. 搭載」●高速・静音のAFでシャッターチャンスを逃さない「インナーフォーカス方式」

光学式手ブレ補正がある

H-FS1442Aにはレンズ自体にMEGA O.I.S.という光学式手ブレ補正が搭載されています。オリンパスのカメラはボディ内の手ブレ補正が強力なので、パナソニックのこのレンズはオリンパスのボディとも非常に相性がいいと思います。

ただ、完全に手ブレしないわけではありません。室内で動く子供の写真を撮ろうとするとブレます。ISO感度を3000ほどに上げれば大丈夫ですが、低ISOで撮りたい場合は4Kで動画を撮影して静止画で切り出すか、もしくは単焦点レンズで撮影するのがいいのかなと思います。

中古ではなく新品にした理由

今回はまだ生産されているシルバーを購入しました。
アマゾンで新品を安く購入できたのでよかったです。定価の半額ほどでした。

中古にしなかったのは、ボディが新品なのでレンズもせっかくだし新品にしたいというのもありました。中古だとレンズフードやキャップなど、付属品が欠落しているものもあります。それを別で購入すると、結局新品のレンズを購入するのと価格的に違わなくなるので、新品を購入しました。H-FS1442Aは今だと新品が定価の半額で購入できるので、わざわざ中古を買わなくても中古と同じくらいの値段で新品が買えます。

届いたレンズはこんなかっこいい箱に入っていました。

H-FS1442A

レンズのほかに説明書、保証書、花型のフードも付属していました。レンズにはフードを付けた方が雰囲気が出ていいですね。あと、子供がレンズに触れるのを防いでくれる役割もしてくれます。フードにもちゃんとした取り付け方があるのを説明書を読んで初めて知りました。

H-FS1442A

H-FS1442A

H-FS1442A

黒のカメラボディにシルバーのレンズの組み合わせはかっこいいです。

H-FS1442A

レンズの保護フィルターも購入しました。
H-FS1442Aは46mmのレンズの保護フィルターに対応しています。

Kenkoの撥水・防汚コーティングがされているものにしました。
子供が触れても大丈夫なように防汚コーティングされているものを選びました。日本製というのも安心感があってよかったです。

僕は今まではずっとコンデジを使っており、ミラーレスのようなレンズ交換式のカメラを初めて買ったので、こういうレンズを保護するフィルターというものが存在するのも初めて知りました。どうやって取り付けるのかもわからなかったのですが、Youtubeで動画を探して取り付けることができました。

H-FS1442Aは14-42mmで3倍のズームに対応しています。
なので結構レンズが伸びるのかなと思ったのですが、思ったよりも全然伸びないです。

14mm、25mm、42mmの写真を撮ったのですが、どれもほとんど差がないことがわかります。14mmと42mmが伸びて、25mm付近が一番伸びてないです。写真でもほとんど見分けがつかないと思います。

H-FS1442A

H-FS1442A

H-FS1442A

レンズには白文字で14、18、25、35、42の目盛りしかありませんが、14mmから42mmまでちゃんと1mm単位でズームできます。今何mmのズームになっているかは液晶画面の方で確認できます。今までコンデジの電動ズームしか使ってこなかったので、手で回す手動のズームは初めてですが、写真を撮っている感が出て楽しいです。

コンデジで動画を撮っているときにズームすると、ズーム音が少し入ったのですが、このH-FS1442Aだと、手動なのでズーム音は入らないです。完全に無音の環境で動画を撮ったことがないので、まったくズーム音が入らないという保証はできませんが、このレンズを付けて撮影した動画を再生してズーム音が気になったということはまったくありません。

ただ、手動でのズームなので、ズームするときに若干ズームがぎこちない感じになります。ただ、これは練習次第である程度スムーズにはできると思います。僕は基本家族の動画しか撮らないのでこれで充分満足なのですが、映像作品を作るなど動画撮影でスムーズにズームしたい場合だと電動ズームのレンズを選んだ方がいいかもしれません。

まとめ

H-FS1442Aを購入して非常によかったです。
手動でズームするタイプなので、接触不良的な壊れ方をしなさそうなので長く愛用できそうです。僕はしばらくこのレンズ一本でやっていくつもりなので、できるだけ故障しななさそうなレンズを安く購入することができて満足です。

シルバーもいつ生産終了になるかわからないので、気になる人は早めにチェックしてみてください。僕が買ったときはアマゾンが一番安かったです。

タイトルとURLをコピーしました