当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

ads.txt ファイルのアップロードはエックスサーバーなら簡単にできます

先日、7度目の申請でやっとGoogleAdSenseの審査に合格しました。

ads.txt ファイルの設置にとまどう

早速、アドセンスの設定をしようと、ログインしてみると、赤の囲みで次のような表示が出ていました。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

どうやら、ads.txt ファイルというのをダウンロードして、運営サイトのドメインにアップロードする必要があるらしいのですが、この時点で自分にとってはかなり難しいなと思いました。

「詳しくは、ads.txt ガイドをご覧ください。」とあったので、そのページも見てみたのですが、やっぱり何を言っているのかイマイチ理解できませんでした。

ads.txt に関するガイド - Google AdSense ヘルプ
ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテ

エックスサーバーだと簡単だった

とりあえず、ads.txt ファイルをダウンロードして、さらに詳しい情報を調べるために「ads.txtファイル」というキーワードでグーグル検索すると、エックスサーバーのページが出てきました。

ads.txt | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|運営サイトのなりすましによる広告収入減などを防ぐ効果が見込まれるads.txtに関するご案内です。

エックスサーバーだと、「ads.txt設定」機能があるので、アドセンスのページからダウンロードしたads.txt ファイルをアップロードする必要がありません。手順もエックスサーバーのページに詳しく図解されています。ちにみに「ads.txt」は「アズテキスト」と読むようです。

サイト運営者IDは「DIRECT」「RESELLER」どっち?

基本的には、エックスサーバーのページの通りでいいのですが、僕がちょっととまどったのは契約種別というところです。

サイト運営者ID で指定したアカウントを直接管理している場合は「DIRECT」で、直接管理していない場合は「RESELLER」を選択するとのことでしたが、どちらにすればいいのか迷いました。

これは、アドセンスのページからダウンロードしたads.txt ファイルをテキストエディタで開けば解決します。ads.txt ファイルに「DIRECT」もしくは「RESELLER」のどちらかが書かれています。

僕は「DIRECT」と書かれていたので「DIRECT」を選択しました。

ads.txt ファイルには、広告システム、サイト運営者ID、契約種別、認証機関IDの全てが記載されていので、ads.txt ファイルを開いて、コピペすればOKです。

エックスサーバーを契約していて助かりました。

ads.txtファイルを直接アップロードする前に、サーバーにads.txtを設定する機能がないか確認

おそらく、他のレンタルサーバーでもエックスサーバーのようにads.txtを設定する機能を用意しているところは多いと思います。

なので、「ads.txtファイル 自分の契約しているサーバー名」で検索すれば、情報が出てくると思います。調べた限りだと、ConoHa WINGにも同様の機能がありました。

文字コードの問題もあるので慣れている人もサーバーの機能で設定した方が安心

UTF-8やShift-JISなど、使っているパソコンの環境によってダウンロードしたads.txt ファイルの文字コードも変わってきます。僕のテキストエディタ(秀丸)ではShift-JISの形式になっていました。先程のエックスサーバーのページを見ると、UTF-8で、改行コードが「CRLF」がよさそうですが、パソコンに相当慣れていないと自分で文字コードを変更したりするのは難しいです。

なので、ads.txt ファイルを直接アップロードする前に、自分のサーバーにエックスサーバーのようなads.txtを設定する機能が用意されているのか確認し、あればそれを利用した方が文字コード違いによるトラブルもなく安心だと思います。

タイトルとURLをコピーしました